読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄にも京都にも米軍基地はいらない!

京都の地から沖縄・名護(辺野古)新基地建設反対の運動に連帯する運動を創出するためのブログです。

【沖縄関連のイベント紹介】沖縄と福島をつなぐ渾身のドキュメンタリー・国権に抗う人々の記録『獅子たちの抵抗』3・18上映(89分)&トーク@キャンパスプラザ京都

3・18『獅子たちの抵抗』上映(89分)&トーク@キャンパスプラザ京都

f:id:okinawa_kyoto_hankichi:20140317160333j:plain

3 月 18 日 (火) 午後6時30分~

キャンパスプラザ京都 4階 第3講義室

(京都駅から徒歩5分) http://www.consortium.or.jp/

参加費 1000円(学生800円)

 

『獅子たちの抵抗』(2014年、89分)

製作・監督:西山正啓 ※監督トークあり

出演者:武藤類子、金城実、松下竜一、大西照雄、当山栄、ほか

沖縄と福島をつなぐ渾身のドキュメンタリー

 

コメンテーター 櫻澤誠さん(立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員)

「沖縄・保革対立の政治構図を検討する」

近著『沖縄の復帰運動と保革対立』(2012年、有志舎)

 

沖縄国際大学に米軍ヘリが墜落した2004年8月から10年。
福島第一原発メルトダウンしてから3年。
軍事同盟も核発電も「安全」だと言い迫ってきた国策と、
それに抗ってきた人々の記録映画『獅子たちの抵抗』が完成しました。

辺野古新基地建設を止める座り込み行動、
大分県日出生台の米軍実弾砲撃演習への抗議行動、
福島原発告訴団長の武藤類子さんの沖縄訪問の記録、
強引な国策に対して声をあげざるをえなかった人々の
10年間の一大絵巻がフィルムに濃縮されています。

映画鑑賞後は、
「沖縄も福島も民主主義を無視したこの国の重大な差別政策である」、
と語る西山正啓監督によるトークを織り交ぜ、
戦後沖縄の保革対立形成過程を考察している、
若手研究者の櫻澤誠さんのコメントを盛り込みました。

強権的な国策に抵抗する民衆の運動と、
それを政治の潮流に押し上げていく展望を探りたいと思います。

主催:東アジア青年交流プロジェクト
共催:ピースムービーメント実行委員会
協賛:沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、普天間基地の撤去を求める京都行動
問い合わせ:090-5560-5037(さとう)